Amazonに泣かされてる出版社の現状を知って、独立自尊の精神って必須なんだなと思った

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

Amazonが自社に有利な条件で契約した出版社の電子書籍をAmazonサイト上で優先的にPRするサービスが「不公平だ」と反発を招いているそうです。
「アマゾンが牙をむいてきた」怒る日本の出版社…契約内容で取引各社を“格付け”、アマゾン優位の関係に懸念 – 産経ニュース

Amazonは別に公共インフラでもないので、当然のことと言えば当然なんですが、それでも影響力が大きくなると確かにあまり身勝手なことをされては困るという気持ちも分からなくはないので、難しいところです。

Googleはみんなに公平であるべき?

たとえばインターネット上でビジネスしている企業全般は、あまりに影響力の大きいGoogleには、今さらあまりにあからさまに営利目的の身勝手な行動を取られたら、そりゃ大迷惑しますよね。Yahoo!が落ちていってGoogleが覇権を握った、その要因となった“見えざる圧倒的な差”はこの「公共性」みたいなものに対する意識の違いが生んだものだと個人的には見ているんですが。

でもGoogleだって今は儲かりまくっているし未来も明るいからいいものの、これが何か将来性に不安を覚えるような部分が出てきたら、どう動き出すか分かったものではないですよね。トップクラスの人間が入れ替わる頃には何かしら方向性に変化が出てくる可能性も、なきにしもあらずです。

別にGoogleを介さなければWebにアクセスできないわけではないので、本当に魅力的で人が人を呼ぶようなサイトなりサービスなりを構築できていればGoogleがどう出ようとやっていけるはずですが、現実的に考えてWeb上でビジネスするのにGoogleに嫌われていたらかなり厳しいのは確かなことです。

大企業の長時間労働も問題の本質としては同じだよね

こういう問題は個人においても全く同じような構造の問題がよくあります。たとえば大企業に勤めている人って、その多くが長時間労働をしている(と思う)けど、それも自分の利益を考えれば仕方がないと思ってみんな我慢しているんですよね。

「長時間労働(会社にとって有利な条件で雇用契約しているようなもの)している人を優先的に昇格させる(優先的にPRする)のは不公平だ」
なーんてことを言っても、第三者からしてみれば「いやそれは仕方がないんじゃないのかな」と思わざるを得ないわけで。

書籍だって販売する場所は書店や楽天やセブンネットショッピングなど、Amazon以外にも選択肢はあるわけで。そりゃそこらだけでの販売となればAmazonで販売するのに比べて圧倒的に販売力は落ちるけど、Amazonに多くの利益を与えるのが嫌ならそれは仕方がないよね、と。

長時間労働したくない(会社に多くの利益を与えたくない)なら、他で働くしかないよね。定時で帰れる仕事だって他にあるわけなんだから。そりゃ給料はガクンと落ちるかもしれないけど、それは仕方ないよね、と。

本当の意味での「自立」を常に意識し続けるべきなのかな

結局のところ、出版社側としては生き残るために「不公平だ」という声を挙げているのだけれども、不公平だと言われている側のAmazonにしたって同じように生き残るためにサービス内容を考えているわけで。となると一概にどちらが正義かなんてことは言えなくなってしまいますね。お互い様じゃね?と。

で、さらに突き詰めて考えてみると、結局のところ「出版社自身に販売力がないことが問題なんじゃないの?」「誰かを頼らなきゃ利益を出せないビジネスモデルでのうのうとやっているのが問題なんじゃないの?」という気も、自分としてはしてきてしまいます。

力のないうちは、力のある者にうまく取り入って、何とか自分の得られる利益を生み出すことを考えなきゃならないと思います。でもその「力のある者」だって神さまでも何でもないんだから、ある程度利益を得ることに成功したら、さっさと「力のある者に理不尽なことを言わせないための、自立できるだけの力」を身に付けることに意識を向けていくべきなのかな、と。

新卒でトヨタ自動車に勤めることができたらラッキーだけど、でもトヨタに勤めることができたからって「これで一生安泰。俺は一生トヨタから豊かな暮らしを与えてもらえる」なんてゲスい考え方と変わらないような意識でいたら、そりゃ会社側に無理難題を要求されてもNOとは言えないわけで。いつまで経ってもトヨタにしがみついていくしか選択肢はないわけで。

国同士の国交なんかと同じで、やっぱり独立自尊の精神みたいな、そういうものを常に持っていないと、いけないんだなと。

そんなことを思いました。

何か、「俺はこう思うよ」というのがありましたら気軽にコメントしてください。

ではでは。

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

『Amazonに泣かされてる出版社の現状を知って、独立自尊の精神って必須なんだなと思った』へのコメント

  1. 名前:daffy 投稿日:2015/04/27(月) 11:07:37 ID:0f3a4d5ce 返信

    8.6秒バズーカーのネタをやってるオリラジ面白い

  2. 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/16(水) 11:26:15 ID:6da6346b2 返信

    ヒント

    あなたが絶賛してるG様、アマゾン、apple・・・
    すべてユダヤ系です
    後ろ盾が違います
     
    情報支配するために支配者の巨額の資金で先行投資されてる企業が勝つのは当然です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。