将軍様のパロディー映画がダウンロードできる「ビットトレント」とは

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

北の将軍様のパロディー映画「ザ・インタビュー」が、映画公開日の25日だけでも約75万人にダウンロードされたそうです。

参考 CNN.co.jp : ネット公開の「ザ・インタビュー」、違法ダウンロード75万回

映画のコピーをダウンロードできるなんてすごいな。と思ったので、そのために使われているソフトウェア「ビットトレント(BitTorrent)」というものが何なのか?ちょっと調べてみました。

ビットトレントとは

ビットトレントはP2Pのファイル共有ネットワークで、ユーザーはコンテンツのアップロード、共有、ダウンロードが可能。

CNN.co.jp : ネット公開の「ザ・インタビュー」、違法ダウンロード75万回

(ビットトレントは)Peer to Peerを用いたファイル転送用プロトコル及びその通信を行うソフトウェアである。

BitTorrent – Wikipedia

要するに…

P2P(ピアトゥピアと発音する、ネットワーク上で個人間で直接ファイルのやり取りができる仕組み)の仕組みを利用したファイル共有のためのソフトウェアのようですね。
参考 Peer to Peer – Wikipedia

普通、何らかのファイルをどこかからダウンロードするとなったら、まず大元のファイルがどこかのサーバー上にあるものです。でもこのP2Pの技術を使うとファイルをあげておくサーバーは不要になり、ネットワークにつないでいるパソコン一台一台が、ある意味でサーバーのような役割もし、また同時にダウンロードする側のユーザーとしても存在している、と。

ビットトレントのソフト配布ページ

ビットトレントのダウンロードサイト
ビットトレントは誰でも無料で無制限に使えるそうです。以下のリンク先がビットトレントをダウンロードできるページです。
BitTorrent

なんと日本語対応のサイトになっていますね。日本でもユーザーが結構いるということでしょうか?
でもサイトが日本語表示されてても、ソフト内の表記はどうなんだろう?もし英語だったら多分私は使いこなせない…。

なんかよく分からなすぎて怖いから、やめとこ。www

試しにダウンロードして使ってみようかなと一瞬思ったんですが、でもよく分からない部分が多すぎて、ちょっと迷った挙句、今回はやめておくことにしました。

P2Pの仕組みが素晴らしいものだというのは数年前に苫米地英人さんがよく言っていたので納得しているつもりなんですが、ウイルス対策とか私のパソコンは全くしてないので、なんか面倒なことになったらヤダなと思って…。スミマセン。

まとめ

ということで、かなり中途半端な記事になってしまいましたが(汗)
とりあえず一応の着地点として「ビットトレントとは、P2Pを用いたファイル共有ソフトのようです」ということです。高価なウイルス対策ソフトとか使ってるような人は試してみるのもアリかも?(自己責任でお願いします)

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。