寒くなると胃が痛くなる – 原因は「冷え」、対処法は「腹巻き」が効果的

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

去年の冬から、寒い時期の間だけ、原因がいまいち分からない胃痛に悩まされていました。

症状としては、食後時間が経ってくると痛みだし、痛くなっても何かを食べればしばらくは痛みが治まる。の繰り返しです。

この冬も12月中旬辺りからちょくちょく同じ胃痛があり、日が経つにつれその痛みは増し、年末にはとても放っておける(我慢していられる)レベルの痛みではなくなってきたので、いろいろ調べて原因と対策を探ってみました。

その結果、胃の痛みの原因は冷えであり、対処法としては腹巻きをすることがとりあえず簡単にできて有効だということが分かったので、その辺のことについて書いてみます。

「冬になると胃が痛む」という人は意外と多い

去年の冬は胃が痛くなったのが初めてだったので、不摂生がたたったかな?程度にしか考えておらず、とりあえず急場しのぎで漢方薬を飲んでいたらそれだけですごくラクになってそのまま1シーズンその漢方薬に頼りっきりだったのですが。

この冬もまた痛み出したので「これは薬に頼ってちゃいけないな」「原因を特定して改善しよう」と思い、いろいろお勉強してみました。漢方薬とはいえ薬はなるべく飲みたくないし。何らかの原因があるはずなんだから、それを放っておいたら次第に悪化して他の部分にまで悪影響が出てくるようにいずれはなってしまうだろうし。

寒くなると痛くなるんだから…

寒い時期になると痛くなってくるんですから、そのことから推測すれば痛みの原因はある程度絞られてきます。私が推測した原因としては

  • 冬によく食べるお餅(=お餅を食べ過ぎた時の胸焼けから胃炎に)
  • 体の冷え
  • 運動不足
  • 代謝不足
  • 座っている時間が長くなることによる内臓への負担増

などといったことを疑いました。寒くなるとつい出不精になってしまいますから、どんな原因があるにせよ運動不足がその一因にもなっていることは間違いないだろうとは推測していました。

で、結果として今となっては、上記のどれもが「当たらずといえども遠からず」な推測であったようだという結論に至っています。

冷え=血流不足=痛みが生じる

寒くなって胃が痛んでも、そのことで西洋医学系の普通の病院に行っても「おそらくストレスが原因でしょう」ということで済まされてしまいます。いやこれは私が経験しているわけではないけれど、西洋医学的に言えばそうとしか言えないのは明らかだし、また実際に検索をかけて様々な個人ブログにある経験談を読んでみてもそういう内容が多かったです。

胃カメラで検査してみても、もし胃が荒れていたら「荒れを修復する薬」「胃酸を抑える薬」を飲むことしかできないし、こういう「血流」とかがカギを握っている疾患に対しては西洋医学は根本的な原因の特定や改善策の提示はできないものです。

なのでこういう“手術を要しないような疾患”の時には東洋医学の知識が役立ちます。

そしてその東洋医学では

胃だけではなく、冷えがあるところには痛みがある。
という考えが東洋医学にはあります。

胃の冷えが原因となる胃の痛みの改善策は? – 原因不明の痛みや病気を改善するたった3つの秘訣

ということで、
冷えているということは気血(気と血の流れ)が滞っているということであり、気血が滞っているということはそこに痛みの原因となる老廃物が溜まったり、または日々壊れ・作られを繰り返している細胞たちの修復が滞って痛みが生じたり、ということになる
ということのようです。

他にも

季節的にも「陽」の気が少なくなる時期
同時に身体の陽気も不足しがちになり
胃を温める作用が弱くなって
気血の流れが悪くなっている状態です

全身が冷えて疲れやすくなり
空腹時に痛みがあって、食べると楽になるのが特徴です

寒さと胃痛:さくら君、かく語りき。~さくら整体療術院日記~:So-netブログ

↑ こちらの方は記事を読んでみた印象としてとても気の流れについての理解が深そうな印象。最近個人的にも「気」についての考察がマイブームなので興味深いです。(私の場合は「人間関係と気」や『運気と気」についての関心ではありますが)

「冷えが原因という説」の確からしさ

冬になると痛むんだし、寒さが原因かな?と想像はしていましたが、その「寒さが痛みの原因という説」に確からしさが得られたことで、頭がすっきりし、この痛みの原因は冷えだと断定してもいいだろうと確信するに至りました。

だって、ストレスは人と比べてもかなり少ない方だという自信があるし、多少は冬になると運動不足に拍車がかかるとはいえ、基本的に生活リズムは夏でも冬でも同じなのに、冬の間だけ痛むんだし。食事の不摂生は年がら年中のことだし。

そして元々お腹を冷やして下痢をすることも比較的多いので、「内臓の冷え」だなんて言われてもなかなか自覚はできないものの、そういうことが人より起きやすい体であることは明らかだろうと思うし。

胃の痛みを改善するために行う3つのこと

原因が分かったら、あとはその対策法を考えるだけ。
私が実践することにしたのは次の3つのことです。

  1. 2日に1回はスローランニングする
  2. ランニングしない日は腹筋を中心に筋トレする
  3. 腹巻きを巻く

ランニングと筋トレの頻度が高いと思うかもしれませんが、私はほとんど自宅で仕事しているので、歩かない日は本当に数十歩、室内を歩くだけという日もあるぐらいの極度の運動不足のため、多めに自分に課すことを決意(がんばれ自分!)しているだけです。たとえば電車通勤しているような人であれば必然的にいくらか歩くと思うので、運動はたまに筋トレするぐらいでもいいんじゃないかと想像します。

体の熱源は筋肉

筋トレするのは、体の熱源が筋肉だからです。つまり筋肉量が少なかったり、筋肉の活動量が少なければ、熱を自家発電できないので体が冷えます。その状態を脱するために筋トレを行います。

スローランニングも、個人的には、ランニングによる代謝の向上のためというよりは、スクワットなどの下半身の筋トレがあまりに退屈で嫌なのでランニングに代えて行う、という意味合いが強いです。

体についている筋肉の総量のうち、大半は下半身の筋肉が占めているので、下半身の筋肉量が減ればそれはダイレクトに筋肉量の総量の減少につながり、それはつまり体の熱の自家発電能力の衰えにつながりますので。こと「冷え」の克服に際しては、下半身の筋肉は無視できません。

そして腹巻き

内臓の冷えなんてなかなか自覚できるものではないので、普段どの程度冷えているのか分かりませんが、とりあえず内臓が冷えることが痛みにつながっていると分かった以上、重点的にお腹まわりを暖かく保ちたいと思いました。

で、少し抵抗はあったんですが、腹巻きをしてみたらどうかと思い立ち。ネット検索してみると……出てくる出てくる、おしゃれな腹巻きたち。

検索してみるまで知らなかったんですが、今でも腹巻きをしている人って結構いるんですね。てっきり昭和の時代の代物だと思っていましたが。

腹巻きは少し余裕を持たせたサイズがいい

筆者は身長170cm体重52kgという男としてはけっこうな痩せ型なのですが、痩せ型だからといって Mサイズを選んだのはちょっと失敗だったかなという感じです。締めつけ感がキツいです。

商品によってサイズ感は違ってくると思いますが、余裕を持たせたサイズの購入をおすすめしたいです。

私が買った腹巻きはスーパーで売ってるものをテキトーに選んだので、しかも包装類はもう捨ててしまって製造メーカーやら胴回り何センチかのサイズ表記やらも分からないのですが、とりあえずキツさを少しでも感じると、邪魔に思えてきます。

Amazonで人気ナンバーワンの腹巻きを注文してみた

ということで、今この記事を書きながら、書いてる途中にAmazonを覗いてみて、一番人気の腹巻きを注文してみました。あさってぐらいには届くかな?届いたらまたレビュー記事でも書いてみようかと思います。

注文したのはこれ。
(グンゼ)GUNZE 愛情腹巻 綿リッチ腹巻

多分30分以上はAmazon内をウロウロしたと思いますが、人気の高さを裏付けるかのような「綿95%」という素材が決め手になりました。他の腹巻きではポリエステルなどの割合が多かったです。比較的安い商品ではありますが、綿95%であれば恐らく品質的にはぜんぜん問題ない、むしろ他の腹巻きに比べて優れたものの可能性の方が高いでしょう。

問題はサイズ。今使っているものが胴回り何センチなのか分からないため比較できないのが残念です。一応今回は Lサイズで注文してみました。これでサイズ感も問題なければ、恐らくあと1,2枚は追加で購入すると思います。

あ、あと、今使っている腹巻きは(スーパーで買ったのがいけなかったと思う)白いんですが、白はよくないですね、腹巻きとしては。あまりにダサすぎます。ザ・腹巻き、って感じで。なので今回は黒を注文してみました。

まとめ

途中でAmazonに飛んでいろいろ探したりもしていたのでダラダラと長い記事になってしまいましたが、とりあえず記事にしたかったことは
寒い時期に胃が痛む人は内臓を暖めてみて
ということ。

痛みは、体のどの部位で発生しても同じだと思いますが、当人にとってはかなり深刻。なので同じ悩みを抱えている人のうちの何%かの人でもこの記事で救われることを願ってみます。どうぞ参考にしてみてください。とりあえず私はこの記事で紹介していることだけで胃の痛みから解放されました。

ただ実のところまだ3日程度しか経ってないので一時的な解消の可能性も無きにしもあらず。なのでまた後日談も記事を書きたいと思います。書いたらこの記事の下の関連記事のところにリンクを張っておきますのでそちらも読んでみてください。

(追記:書きました!↓その後激痛を経て現在はすごく具合良い状態になっているので参考にしてみてください)

胃の痛み|空腹の時間をできるだけ減らすことで痛みは治まってきた
先月のはじめにこんな記事を書きました。 で、記事中で紹介し...


ではでは、
以上です

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

『寒くなると胃が痛くなる – 原因は「冷え」、対処法は「腹巻き」が効果的』へのコメント

  1. 名前:ひとみ 投稿日:2016/09/16(金) 17:15:56 ID:cbd00b8e7 返信

    私も、ずっと寒い時期の胃痛に悩まされ、ひどくなると怠さも襲ってきて立ってるのもやっとの時もありました。去年知り合いに内臓が冷えないように腹巻きするといいらしと聞き実行したところ効き目がありました。
    今年も、すでに痛み始め…調べていたら、このページにたどり着き、かなり気が楽になりました(^-^)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。