激安なデスクライト DL-1224 の使用感とレビューまとめ

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

自宅のデスクではこんな激安なデスクライトを使っています。

ホームセンターで買ったというのは覚えているけど、いつ買ったかはちょっと定かではない。でも少なくとも3年はゆうに経っていると思う。

さすがにAmazonでの販売価格ほど安くはなかった気がするけど、それでもデスクライトの中では激安の部類にも関わらず何の問題もなく使えているので、ちょいとレビューを書いてみようかと思います。

個人的な感想

今回この商品のレビューを書こうと思い立った直接のきっかけは、買った時についていた電球が暗く感じるようになってきたので新しいのに替え、その時に「そういえばこれ安かったんだよな。電球替えるまで使えるとは思わなかったわ」なんてことを思ったからです。つまり一言で言えば「商品に満足している」という。

作りの弱さだけが難点

とはいえ、安いだけあって、さすがにもっと高いやつと同等の品だというようなものではありません。特に気になる、というか唯一かもしれない欠点は「接続部の弱さ」です。

人間の体で言う関節みたいな部分が、全部で3箇所あり、その部分で角度を調節できるからかなり自由に動かせるのですが、その関節部分の素材がプラスチックなため、弱いです。具体的に言うと、あまり真っ直ぐ伸ばし過ぎると先端部分(電球部分)の重さに耐え切れなくて「ぐいー」っと寝てしまうという。

なので広い机の端っこにクランプで固定して、そこからグッと机の中央まで電球部分を引っ張ってくると、そのままペタンッと倒れてしまう可能性があります。通常そんな広い机を使っている人はいないと思いますが、机以外の場所に、たとえば寝室で枕元を照らすためにちょっと離れた家具にこれを取り付けて…というような使い方を考えている人は要注意です。

電球は EFD15EN/11

今回電球を替えるにあたって、私はこちらの電球にしました。
EFD15EN/11

買うまで電球のことがよく分からなかったのでとりあえず現物見ながら探そうと思ってホームセンターに行き、iPhoneでいろいろ検索しながら「どれ買ったらいいの?」って迷いつつ、調べて、買いました。

「D型ってなに?」「EFDって?」「口金サイズって?」という感じだったんですが、まあとにかく『EFD15EN/11』と書かれているものを探して探して、やっとこ写真のものだけ見つけたので、それを買いました。1種類しかなかったし、同じものを今Amazonで探してみたけど見つからなかったので、あまりバリエーションは選べないサイズっぽいですね。(D型とか26口金とかは一般的なようなので、私が分かっていないだけではるかに多くの選択肢があるのかもしれないですけれど…)

レビューまとめ

簡単にいくつか、このデスクライトについてAmazonに投稿されているレビューから有益そうなレビューをまとめてみます。

特徴をつかめば問題ない

コンパクトで、せまい我が家でもじゃまにならず、使えています。たしかに、作りがヤワで、壊れやすそうな感じもするけど、動かせる方向など、特徴をつかめば問題ないかなと、思います。

Amazon.co.jp: インバーターアームライト クランプ式 ブラック DL-1224K: ホーム&キッチン

そうそう、特徴をつかめば問題ない、という言葉に共感です。なんていうか、モノを丁寧に扱えないタイプの人だと多分すぐ壊しますよ。でも丁寧に扱える繊細さがある人なら、すぐ特徴をつかめると思います。

アームが弱い

便利に使おうと思い、システムベッドの二段部分に横向きに付け、下部の机とソファを照らしたかったのですが、まず、横に伸ばした時点で重さに耐えられず、それでもと無理をしたら、アームが簡単に曲がった。
本来、写真表示されてる形状以外では難しいのかもしれません。がっかりです。

Amazon.co.jp: インバーターアームライト クランプ式 ブラック DL-1224K: ホーム&キッチン

アームが曲がるというのはどういうことなのか?ちょっと想像つかないんだけど、まあとにかくこういうちょっと支点と照らしたい部分との間に距離があるような使い方をする場合は、このデスクライトはお勧めできませんね。絶対に自分のライトの重さにアームが耐えられないので。

仮にこの画像の角度が80度だとして

さすがにこういう鋭角な角度でないと持たないというわけではないけど、私の場合は120度っくらいの角度で使用しています。これ以上広げるとちょっと怪しいかな?といった感じです。

関節部分を締めるためのネジみたいなものがあるので、そこをすっごい強く締めれば150度ぐらい広げても使える可能性はあるけれど、180度に近い(ほぼ真っ直ぐ)状態で使うのはまず無理だと思った方がいいです。またネジを強く締めすぎると、多分壊れるのはぐっと早まります。プラスチックなので。

コスパ良し

安いのでどんなものかと思いながら注文しましたが、デザインもイメージ通り、明るさも十分。まだまだ高値のLEDから考えると、十分です。本体がプラスチック製なのはコストから仕方ないものの、破損しないよう気をつける必要はあるようですが、トータルでは満足です。

Amazon.co.jp: クランプ式アームライト ホワイト DL-1224W: ホーム&キッチン

LEDの明かりが苦手な人もいますよね。まあ私がそうなんですが。そういう人間にとっては安い上に質が悪いわけでもないから、ありがたいです。

満足

ネイルデスクのライトに購入しました。シンプルでスリムでとても満足です。明るさもいい感じ♪

Amazon.co.jp: クランプ式アームライト ホワイト DL-1224W: ホーム&キッチン

書斎のデスク用とかでなければこの大きさ・明るさでまず十分でしょうね。大きな書斎のデスク用となればちょっと物足りない部分がありますが。

シャフトが折れた

母の針仕事用に購入しました。
クランプ部分は金属製でしっかりしていますが、それに差し込むシャフトがプラスチック製で1年経たずに折れました。最も荷重がかかる部分なので、金属で作ってほしかったですね。
アーム部分もプラスチック製のため、強度よりもコストを優先する人に向いていると思います。

Amazon.co.jp | インバーターアームライト クランプ式 シルバー DL-1224S | ホーム&キッチン 通販

これはまさに「特徴をつかめなかった」タイプの方なんじゃないかな。折れた部分は、倒れていかないようにネジでぎゅっと締める部分のことを言っているのだと思いますが、ここはそこそこ強く締めなきゃ倒れてしまうけど、でも締め付け過ぎたらちょっとやばそうだよね、というのは感覚的に感じ取りたいもの。

ガサツかどうかというより、もしかしたら「ライトの位置を頻繁に変える必要があるかどうか」がポイントかもしれないです。作業終わりはライトをぐいーっと上にあげたり、または壁際にぐいーっと寄せたり、ということをしたい人であれば、この強度不足感が嫌になるかもしれません。ずっと固定の形で使用し続ける分には問題ないんですけどね。いじらなきゃ折れようもないし。

値段の割に良い質感

価格はリーズナブルな価格帯ですが、質感は値段の割にはしっかりしてました。クランプの強度も問題なさそう。シルバーの色合いも、結構クールです。
フードも、光線漏れがなくて良い。類似製品で、半透明のフードの商品もあるが、あれは目に眩しい。本製品は、変な眩しさはない。

Amazon.co.jp | インバーターアームライト クランプ式 シルバー DL-1224S | ホーム&キッチン 通販

クランプ部分は特に褒められるほどの強度ではないけれど、でも問題なさそうなのは確か。全体的に軽いので、あまり強力すぎるクランプも不要ですしね。

ということで以上です。
以下、商品へのリンクを張っておきます。ブラックとホワイトとシルバーの色違いがあり、人気の差があるのか、色によって少し値段が違っていますので、その辺はご購入のタイミングで比べてみてください。

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。