川元文太は電波少年の『箱男』!? 現在の嫁は箱を押していた子!

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

フジテレビで今放送されている「IPPONグランプリ」に、川元文太さんが初登場されていますね。川元文太って誰?って思ったので検索してみたら…箱男でした!しかも嫁さんは箱を最後に押したあの彼女でしたw

有吉弘行さんが世に出るきっかけにもなった人気番組『進め!電波少年』がリニューアルして98年から02年まで放送されていた『進ぬ!電波少年』。その番組の中で「箱男」という企画があったのを覚えているでしょうか?

箱男

実は川元文太さんは、あの企画で箱の中に入っていた人だったみたいです。

箱男って?という人のために簡単に…

箱男とは、120cm四方の鉄製の箱に入って、鹿児島から東京までの約1,500キロを「誰かに箱を押してもらいながら移動する」という企画です。

箱男

中の人は箱から出られない(中には簡易トイレも付いていた)ため、外部とのコミュニケーションは全て箱に取り付けられた電光掲示板を通して行っていました。

箱男

箱男

箱男

川元文太は性格が悪い…らしいw

本当かどうかは分かりませんが、一応この企画の大義名分として、

『人を信じることができない川元を少しでも人を信じられるようにするために、人の善意に頼るしかない状況を通して、人の優しさに触れさせる』

という趣旨がありました。

箱男

また、企画そのものが(渋滞を引き起こすなどで)警察の世話になったり視聴者からの批判が強かったりと低迷していたにも関わらず、それでも止めずに押し通したのは、スタッフ陣の「どうしても川元の歪んだ性格を直させてやりたい」という強い思いがあったから、という話があります。

箱男

箱男

実際、人の力を借りなければどうにもならない状況にあっても、電光掲示板では「ありがとう」も言わず、それどころか援助内容に対する不満や罵倒の言葉ばかり吐いていたので、視聴者からの評判はかなり悪かったです。

箱男

川元文太

現在の嫁さんは、箱を夜通し押し続けた当時の彼女

この企画、ほとんど進展がないまま数ヶ月が経ったのですが、痺れを切らしたのか、ついに川元と交際中だという女性が現れ、夜中から明け方まで数時間に渡って箱を押し続けました。

そしてその時、この企画が始まって以来初めての「ありがとう」が電光掲示板に。

企画終了のタイミングを探していたプロデューサーは、その時点でゴールと見なし、箱を開いてこの企画は終了しました。

で、この時の彼女が、現在の川元文太さんの奥さんだそうです。

川元文太さん、奥さんを喜ばせることができるか!?

さて、この記事を書いてる現時点ではまだ番組が終わってないので結果は分かりませんが、川元文太さんは優勝できるでしょうか!?下積み時代をずっと支えてきた奥さんを喜ばす意味でも、健闘を祈りたいと思います!がんばれ!

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。