カジノを中核とした統合型リゾート(IR)、2020年までに山下ふ頭と夢洲に。

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

2020年の東京オリンピックまでに、カジノを中核とした統合型リゾート(IR)を横浜市と大阪市の2カ所で開業する方針を政府が固めたとのこと。

IRの候補地としては全国から20カ所以上の場所が名乗りを上げてきていたが、2020年までに開業できる適地としては横浜と大阪と判断されたようです。

横浜市の誘致先は山下ふ頭。

大阪市の誘致先は人工島の夢洲(ゆめしま)が本命視されている。

参考 カジノ候補地、横浜市と大阪市に…政府方針 (読売新聞) – Yahoo!ニュース

カジノ開業するの?しないの?

この話題でいつもよく分からないのは、まるで着々と準備が進んでいるかのような話題が出る一方で、カジノ解禁法案の成立がさっぱり見通せてない状況がいまだに続いているということ。

元記事でも

IRを巡っては、超党派の「国際観光産業振興議員連盟」が一昨年の臨時国会にIRに関する制度の骨格を定めた法案(カジノ解禁法案)を提出し、継続審議となっていたが、衆院解散に伴い廃案となった。同議連が今国会に解禁法案を再提出するが、ギャンブル依存症への懸念などから、公明党や野党に慎重な声が強く、成立は見通せない状況だ。

カジノ候補地、横浜市と大阪市に…政府方針 (読売新聞) – Yahoo!ニュース

とあるように、少なくとも現時点では法案成立は見通せていない。

でもそれとは関係なくこうやって「候補地を決めました」「2カ所で開業を目指す方針を政府が固めました」とニュースが出る。

どういうことなんだろう?

素人にはよく分からないけど、法案成立は形だけで、政府としてはもうIRの開業は確定していることなんでしょうかね。法案成立が見通せないのにどうやって事を進めるんだろう?

2020年なんてもうすぐだけど?

カジノって聞くとついラスベガスやマカオのような大きな大きなホテルや街を想像してしまうけど、東京五輪の2020年なんてもうすぐです。

まだ法案成立もしていなくて、土地も確定しているわけではないし、工事に関する細かな話も詰めているわけでもないだろうから…ということを考えると、工事期間はどんなに長くても2年程度でしょうか。

「大きなパチンコ屋ができます」程度の感じだったりして(笑)

2年程度で完成させられる施設なんて、たかが知れてますよね。しかも1カ所だけでバーっとやるんじゃなく、横浜と大阪の2カ所ともなれば、なおさら。

カジノのあの華やかさが日本にも生まれるのかと思って期待しているカジノ好きも結構多いと思いますけど、規模感とかはあまり期待できなそうですね。

個人的にはカジノ完成は楽しみなので、あまり期待せずにいて、予想以上のものができたら嬉しいなぐらいの心持ちで待ちたいと思っています。

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。