最も稼いだ曲は「女々しくて」 昨年の著作権料トップ10は意外な曲たち

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

NHKニュースによると昨日、JASRAC(日本音楽著作権協会)は昨年度の著作権料が最も多かった楽曲トップ10を発表しました。意外な顔ぶれ(曲ぶれ?)が並んでいたので紹介したいと思います。

楽曲の著作権料収入は、放送やカラオケでの曲利用の他、CDや音楽配信の売り上げなどをもとに算出されています。

昨日発表されたトップ10のランキングを見ると、1位は楽器を弾くふりをするエアバンドとして有名なゴールデンボンバーの「女々しくて」でした。

この曲は発売から5年も経っているので「え?今さら1位?」とも思ったのですが、意外や意外、ランキング全体を見てみると『発売から5年』なんて大したことありませんでしたよ。



(ゴールデンボンバーの「女々しくて」PV動画 再生回数は約4千万回にものぼる)

著作権料トップ10はこちら 半数が発売から10年以上も経っている!

トップ10のランキングは以下のとおり。

1位「女々しくて」
2位「ヘビーローテション」
3位「Time goes by」
4位「東京ブギウギ」 ←なんとこの曲、昭和22年発売!
5位「残酷な天使のテーゼ」
6位「君は天然色」 ←こちらも発売から20年以上経っている
7位「真夏のSoundsgood!」
8位「さよならクロール」
9位「家族になろうよ」
10位「ハナミズキ」

AKB48 ヘビーローテション

2位の「ヘビーローテション」は去年まで2年連続1位だったとのこと。AKBはその他にも7位と8位に、合計で3曲がトップ10入りしているのはさすがですね。

にしても…古い曲多いなあ!

4位の「東京ブギウギ」は昭和22年発売ですよ。今60代後半の高齢者たちの生まれた頃の曲ですよw 発泡酒のCMに使われて上位に入ってきたそうです。

Every Little Thing の「Time goes by」も根強い人気がありますよねー。こちらは発売は平成10年。実に15年ぶりのトップ3入りとのこと。携帯電話のCMに使われたことで著作権料収入を伸ばしたようです。CM強し!

以上っ

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

『最も稼いだ曲は「女々しくて」 昨年の著作権料トップ10は意外な曲たち』へのコメント

  1. 名前:名無し 投稿日:2014/05/22(木) 10:09:21 ID:9e2a66e45 返信

    ゴールデンボンバーかよっ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。