隠れてしまった猫、見当たらない鍵、探しものの位置はアプリが教えてくれる

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

新興企業のピクシー・テクノロジー(Pixie Technology)が、探しものの場所を教えてくれるアプリを開発し、今月3日から先行予約を受付開始しています。

予約はこちらから Pixie Home – Pixie

あらかじめ小さなタグを取り付けておくことで、Bluetoothで位置測定をし、探しものがどこにあるかをアプリの画面に表示してくれるとのこと。いわば日用品向けのGPSといったところ。

値段はタグが4個入ったパックで39.95ドル(約4,700円)。先行予約をしたお客には今夏にも出荷できる見通しとのこと。また今後はよりタグを小型化し、探せる範囲も広げていけるよう(現状は約45メートル)開発を進めているとのこと。

Pixie Technology

参考 CNN.co.jp : 探し物が見つかるアプリ、鍵でも猫でも 新興企業が開発

誰に需要があるかを見極めたいところ

これは個人向けに開発するより、小規模事業者向けとかを意識して開発していった方がいいのでは?なんて風にこの記事を書きながら思いました。

大量の在庫や資材を抱える事業者というのは従来からその管理には気を使っているものですが、中小零細企業なんかだとわざわざ管理するほどでもない在庫や資材その他があちこちにあって、探しものに手間取ることが多いと思います。

例えば小さなスーパーやコンビニのバックヤードとか。個人宅の倉庫の延長みたいなゴチャゴチャ具合いになっているとこも多いんじゃないでしょうか。

すぐなくすズボラな人は、こんなもの使わない

逆に言うと、日常の中で使うような鍵やバッグを「どこいった?」と探すことになるようなズボラな人って、こんなタグを使用して管理するのは面倒くさくてやらないでしょう。

「鍵は常にここに置く」みたいな風に管理をちゃんとできるような人ほど、こういうものにも興味を示し、でもそういう人はこういうのの使い途がないから、やっぱり使わない。

アイデアとしては興味をそそるけど、たとえ今もらったとしても、使い途がなくて困ってしまいそうです。

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。