SoftBank Air を使ってみた感想。設置は超簡単、でも電波強度が…

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

SoftBank Airを固定回線代わりに使えないかと思い、契約してみました。

宣伝通り設置はこれ以上ないほどの簡単さで良かったのですが、通信速度の方は私の家ではちょっと微妙でしたので、その辺についてレビュー的なことを書いてみます。

SoftBank Airの設置と通信速度レビュー

工事不要。コンセントに挿すだけでWi-Fi環境ができる

設置はとにかく簡単でした。本体を箱から取り出して、コンセントにつなぐ。そして2分だけ待つ。たったそれだけで自宅にWi-Fi環境のできあがりです。

電波は2.4GHz帯と5GHz帯と二種類出せるようで、受信側の機器が対応しているなら常に5GHz帯を選択しておけばOK。

SoftBankAir5GHz

macもiPhone6もZenFone5(Android端末)も問題なくサッとWi-Fi接続できました。

電波強度。うちは5/12の強度しかなかった

自宅の電波強度はそんなに悪いことはないだろうと思っていたのですが、確かに悪くはないものの、良くもない程度で、電波強度を示すランプを光らせてみると以下のように光っていました。

SoftBankAirの電波強度

もっとビンビンに強度が高ければ後述の通信速度も期待できるのですが、この程度では速度も「まあそこそこ」程度のものになるんだろうなと想像させられますね。

SoftBank Airの実測値。電波弱いから速度も微妙

iPhone6で計測した通信速度の結果は以下のとおり。

SoftBankAirのiPhone速度

うーん。まさに微妙。ADSLよりは速いのかもしれないけれど、光回線に比べたら大分劣ります。

特に上り(アップロード)の数字の低さが気になりますね。下り(ダウンロード)も期待を下回る水準ですが、上りは期待以下というよりも「ちょっと遅すぎない?」というレベルです。

電波強度が強ければ速度はビンビン

今回SoftBank Airの情報を集めている時に参考にさせてもらった下の記事によれば、電波強度があと2本分強ければそれだけでコンスタントに下り20Mbpsもの速度が出るようです。

参考 新サービスSoftbank Air導入記。自宅インターネット環境入れ替え。 | しま★りん.blog @ayurina

光回線→Wi-Fiで使ってきた自宅固定回線の速度がだいたい平均22Mbpsぐらいだったので、上の記事のように20Mbps以上の速度が出てくれると「速度は今まで以上で、料金は少し安くなる」という感じですごく嬉しい変化になるんですが。今のままだと「安い代わりに遅い」という、ありきたりな結果になってしまいます。

まとめ

とりあえず家の中でどこかもっと電波を強力にキャッチしてくれるような場所がないか探してみます。延長コードでも買ってきて。

で、もし下り20Mbps近い速度が出るようであれば、上りもそれに応じてそこそこの速度になるでしょうから、その場合にはこれから自宅回線はSoftBank Airに乗り換えてしまおうかと。

でももし今以上のスピードが出せないようであれば、ちょっとこの速度では自宅回線として使うのはストレスを感じる気がするので、一週間ぐらい様子を見て、ストレスを感じると判断した場合は解約してしまおうと思います。その時は従来通りの光回線に戻します。解約手数料がかかってしまうけど、仕方ないですね。

と、こんな感じです。速度面の微妙さ以外は何も問題なし、というか十分満足。総合的な満足度は電波強度次第ですね。自宅の電波強度に自信がある方は「使える」サービスだと思います。

以上、
ではまた

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。