「ストリートビューに殺人現場が映っている!」英紙が報じて話題に

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

「Google Earthのストリートビューに殺人現場が映っている!」と英紙が報じた事件を巡り、米国CNNが事実関係の取材を行ったところ……

まず先に、問題のストリートビューの画像はこちらです。

ストリートビューに殺人現場

前方、駐車中の車の間に、人影が見えます

ストリートビューに殺人現場が!?

道路に倒れている人も確認できます

ストリートビューに殺人現場が映り込む

横に立っている人の手には斧が!

Google Earth に殺人現場

立っている男は堂々とカメラの方を向いたままです

現場は英スコットランドのエディンバラ。赤いつなぎを着て倒れているのはダン・トンプソンさん、この地域で30年以上前から自動車工場を営む経営者だそうです。

そして斧を持つ男はその自動車工場の従業員、ギャリー・ケールさん。長年、トンプソンさんの下で働いてきた方だそうです。

で、実はこのストリートビュー画像、この2人の小芝居だったそうです!

話は2012年8月にさかのぼる。「ストリートビューの撮影車が通りかかるのをたまたま見かけ、あと30秒でこっちにやってくると分かった」とトンプソンさんは振り返る。

「そこでギャリーをつかまえて、おのを持たせた」。長年トンプソンさんの下で働いてきたケールさんは、この冗談にすぐ乗り気になった。

やらせ場面を撮影した画像はグーグルの地図サービスに掲載され、数カ月後、取引先が「大笑いしながら」電話してきたとトンプソンさん。警察もやってきたが、客だったこともある女性警官は事情を察していて、「ニヤニヤしながらやって来て、爆笑しながら帰って行った」という。(cnn.co.jp)

おもしろいですねー。
仕事中でも、とっさにこういうユーモアのあることができる柔軟な頭でいたいものですね!見習わないと!

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。