「いいね!」を安く買おうとしたら規約違反になってしまった

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

Lancersというクラウドソーシングサービスで『指定のFacebookページにいいね!をしてください。1件○円の報酬』という感じの作業依頼を出しました。少し具体的に言うと、1いいね!5円で、まあ一瞬で終わる作業だしいいよね、って感じで依頼(発注)を出しました。

そしたら翌日(今日)、『利用規約違反の恐れにより依頼が一時停止になりました』とのメールが。

メールを注意深く読み、まあなんていうかAdSenseの規約違反のそれと同じように「この部分がこの規約に引っ掛かります」と具体的には教えてくれないメールなので、一応自分の良心に照らして「これらの違反がありませんか?」と例示されている項目をチェックしていったのですが。

正直、何がいけないのか分からない。

(※ちなみに私はAdSenseの規約違反警告は受けたことありませんよー。違反スレスレなことばっかしてるわけじゃないからねー)

もしや今さら「いいね!は買うものじゃない」とか、そういう感じ?いやこれはLancersに対して聞きたいのではなくFacebookに対してなんだけど。「おたくの広告商品って、モロに『いいね!を買うための広告』でしょ?」と。前に使ったことあるけど、まさにそれだけの目的の広告って感じだったよ?

んで、でももっと効率のいい買い方があったから他で買ってるだけで、何がいけないの?Appleだってさすがに「アプリのユーザーは弊社経由でアプリ内広告からでないとユーザーを集めてはいけません」とか言わないよね。『試しにこのアプリを使ってみてもらいたいです。一人○円』って案件だってクラウドソーシングサービス内に今も出てるしね。

Facebookは元々ほとんど使ってないけど…

まあその有料でいいね!を集めているFacebookページはまさにこのブログの下部にあるこのブログ用のページなんですけどね。個人として全くFacebookを利用してないので、Facebookの威力とか具体的な使い途とか全然知らなくて、一応試しに、というか少しぐらい知っておこうと思って、実験的な意味で広告を出したりいいね!を募集したりしてみて、良さそうなら継続的に投資し続けてみようかなとか考えていたんですが。

でもどうやらわたくしめはやはりFacebookとは縁がなかったようです。Twitterも全然活用できてないし、そもそもSNSは苦手なんですよね。何が楽しいの?って感じなんですよ。わからない、ほんとに。だからいいね!やフォロワーも地道に集めていこうとは到底思えない。だって何が楽しくて皆使っているのか自分が分からないから、何を投稿したりしたらいいのかさっぱり分からないんだもん。

数年前のFacebookがガンガン来てる時はさすがに「時代に乗り遅れたなあ」みたいな感覚があったけど、今こうしてSNSブームのような過熱ぶりもいくらか落ち着いてみると、まあなんて言うか、案外なんともないもんですね。俺、ブログでいいや、って素で思えますからね。

教訓:いいね!は他で買ってはいけない

せっかく作業(ページにいいね!する作業)してくれた人が10人ほどいたのに、どうなんだろう。その人たちにはその分の報酬はわずか5円だけどちゃんと渡るのかな?こちらはどうやら先に入れておいたお金が没収される?っぽい感じなんだけど、つっても500円だからまあいいとして、他人に迷惑かけたかもと思うと何とも嫌な気分になってしまいますね。

Lancersさん、もし500円没収なら、せめてそれを10人の作業者に分配してください。小さな小さな額の話だけど、不義理なことはないようにしてほしい。お願いしますよー。

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。