「東芝グラス」がセンス悪すぎて悲しくなってきた。日本企業が開発するとなぜこんなにダサくなるの?

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

東芝が展示会に出展した「東芝グラス(Toshiba Glass)」が話題になっています。
参考:東芝、約42gのメガネ型ウェアラブル「東芝グラス」を参考展示|マイナビニュース

個人的には Google の Google Glass がかなり気になっているというか、一般販売されたらぜひ手に入れたいと思っている人間なので、この話題には瞬時に反応してしまいました。

が、期待してそのデバイスの写真を見てみると

東芝グラス

……あまりのダサさに絶句。

なんでこんなデザインで開発にゴーサインが出てしまうの??
バカなんじゃないの?

としか思えない。

これで

「メガネ」の外観を維持

とか言っちゃってるらしいです。

「人は見たいものしか見ない」とは言いますが、あまりに酷くないですか?みんなで集まって会議で意思決定すると、こういうのが通っちゃうもんなんでしょうかね。たった一人でも「メガネ型デバイスの開発に没頭している人間」がいたら、こんなもの到底採用できるデザインじゃないのは明らかだろうに。

しかも

このグラス単体では機能しない

という驚愕の仕様。
驚くことに「有線ケーブルをつなげて使用する」らしいですwww

もうね、バカなんじゃないの?なんて言い方は間違ってましたね。これは確定ですよ。残念すぎて逆に何も言えない。言ったらかわいそうなレベル。

30年前なら「未来的だ」と言えたかもしれないけど、今じゃどう考えても「後退している」としか言えない。先行している企業がもっとずっとかっこいいの出してるのに、なぜ今さらこんなダサいものを世に発表できるんでしょうか?その神経がそもそもどうかしているでしょ。

この恥さらしめ!

↓共感できる記事はシェアしてもらえると嬉しいです

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。